2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 朝取り野菜 2011 08 11

2011 08 11 今日の糠漬け.jpg
家では犬一頭、オカメインコ一羽に夫婦二人で生活しています。

今、旬の夏野菜を知人から沢山いただきます。
いただいた野菜は漬物にもします。
今年も米糠の漬物「糠漬け」を作ってます。漬物完成しました。お一ついかが・・。
2011 08 10 糠床.jpg2011 08 11 朝取り野菜.jpg











注文で作っていただいた皿に三品のせてみました。
「2011 08 11 今日の糠漬け」です。


このレシピは毎日新聞2010 05 11 に載っていました。
ここに転載します。【ぬか床の作り方】

「材料」
米ぬか:800g
   米ぬかを使う。酸化しやすいのでフライパンで炒って使うともっといい。
天然塩 :120~150g
水   :4カップ
赤唐辛子:2本
昆布  :5cm3枚
捨漬野菜:適量

「作り方」
1)ボールにぬか、塩を加えよく混ぜる。水加え混ぜ耳たぶの硬さにする。
2)容器はぬかの3倍くらいを用意し赤唐辛子、昆布を加え混ぜる。
3)捨て漬け用の野菜押し込んで表面を平らにする。
  容器の内側に付いたぬかは綺麗にふき取る。
4) 朝晩2回底からかき混ぜる。
  3~4日で捨て漬け野菜を取替えこれを1~2回で酸味が出て味噌の硬さになったらぬけ床の完成。
 
大変美味しくいただいています。夏の間は冷蔵庫に入れています。

ここで一緒に載っていた「ぬか床のトラブル対処法」
▽水っぽい
ぬか床の表面にペーパータオルをあて、野菜から出た水分を吸い取る。ぬかを足す際は、混ぜながら量を調節する。

▽酸味が強い
卵の殻を砕いてぬか床に混ぜると、カルシウムが酸を中和する。塩を足すと、乳酸菌の繁殖を抑える。
▽白い膜ができる
膜が張った部分を少し多めに取り除き、新しいぬかと塩を加える。唐辛子やカラシを加えても、発生しにくくなる。
▽異臭がする
手入れ不足が原因のため、よくかき混ぜる。ぬかと塩を足す。
▽旅行などで家を空ける
漬けている食材を出し、表面に塩を振る。空気に触れないようにラップを密着させて覆う。長期間なら冷蔵庫へ。

2011 08 12 「今朝の糠漬け」写真追加します。2011 08 28 「今日の糠漬け」写真追加します。(大根とミョウガ加えて)


2011 08 12 今朝の糠漬け2011 08 28 今日の糠漬け.jpg












写真追加します。2011 08 17 夏野菜と夕顔料理 夏野菜と夕顔料理.jpg 














2011 08 19 追加します。
2011 08 19 乾燥野菜-1(キノコ シシトウ ナス)
2011 08 19 乾燥野菜-2(ズッキーニ タマネギ キュウリ)
乾燥野菜




干し野菜を使ってコマ油で「2011 08 19 干し野菜キンピラ」2011 08 19 干し野菜キンピラ家の光7月号別冊付録(乾燥野菜レシピ掲載)




















2011 08 25 追加します。
「干しゴウヤとシメジのからし煮」「干しインゲンとナスの煮物」
2011 08 25 干しゴウヤとシメジのからし煮2011 08 25 干しインゲンとナスの煮物










次いででいけませんね。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 漬物 | 14:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。