2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『焼きおむすび』2009 06 23

Top2009 06 22 焼きおむすび完成.jpg
我家では、昔から外で食事をすることはあまりありませんでした。
ところが子供が巣立った今、夫婦して外で食事することが多くなりました。
といっても外食ではないのです。

お弁当など持参して外で食事をすることが多くなったのです。それもほとんど犬が一緒。
主人がドックスポーツをするようになってアウトドー生活が多くなりました。
その時の食事として「おむすび」を持っていきます。簡単にどこでも美味しくいただける「おむすび」です。
知り合いの旅館の夜食用に作っておられる方からヒントとしていただきました。
作ったものを冷凍保存しておけば、忙しい時の食事にもなります。
2008 11 02 コウタケおむすび.jpg2008 03 29 フキミソむすび.JPG2009 04 12 焼きおむすび.jpg







まずは『おにぎり と おむすびの違い』結論です。↓に載っていました。


中身は一緒で呼び方が違うだけですが、歴史が古いのはおにぎりのほうです。おにぎりという言葉はもち米をむした強飯(こわいい)をにぎった“にぎりめし”が原型です。これがいつのまにかおにぎりと言い換えられ、もち米からうるち米でつくられるようになったもの。おむすびは江戸時代に身分の高い女性や大奥などで、女性のていねいでやさしい言葉、女房言葉としておにぎりを言い換えたのが始まりとされています。 ※※

ここでは「おむすび」と書きます。

2009 06 22 三角おむすび成型器-0.jpg焼きおむすび完成.jpg焼きオニギリ.jpg







今は三角おむすび成型器なるものを使います。
おむすび成型器と申しましょうか。
百金でも売っているでしょう。




簡単に「おむすび」を握るコツなど・・

1)炊き立てのご飯で握る。
2)茶碗などに取り分けてりおおまかな形を作ってから握ると握りやい。
3)強く握り過ぎるとご飯の密度が高くなり粒が潰れてしまう。少ない回数で均等に柔らかく握ること。
4)手に水分を付け過ぎない。おにぎりの形が崩れやすくなってしまう。
5)具には腐らないように塩気の多いものを使う。

では「焼きおむすび」の方法です。

1)三角おむすび成型器の片側①に②の底を入れます。底のフタになります。
2)炊き立てのご飯を中間まで入れ③で軽く押す。
3)具材を真ん中に入れる外にださない。
4)残りのご飯を上まで入れ③で軽く押す。
5)底のフタの部分を押し三角おむすびを出しす。
6)手で軽く握って形を完成。
7)グリル(オーブン)で軽く焼いた後醤油を片方ずつ刷毛で2回ほど塗る。
8)焦げ目が付く程度に焼きミリンを一回塗る。
9)焼きあがり、冷めたならアルミボイルなどで包む。

このまま食べてもよいですし冷凍保存してもよいです。

具  材:上でも書きましたが塩気の多いもの、美味しいものを使う。
     我家では「フキ味噌」「ネギ味噌」「トウガラシ味噌」「山椒の佃煮」など使っています。
     勿論普段使う「梅干し」「シャケ」もよいでしょう。
2008 05 08 山椒の佃煮.JPG2005 12 25 フキミソ.JPG2009 05 10 山椒の佃煮-2.JPG






     
どうぞ美味しい「焼きおむすび」を作ってみてください。
スポンサーサイト

| 料理 | 15:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『フキ料理』2009 06 03

Topヤマブキ収穫.JPG
主人がヤマブキを収穫してきました。それと知人からいただいたアカブキです。
毎年フキ料理は作っているのですが検索してフキ料理を作りレシピも作ってみました。


昨年も作りました。2008.06.01 Sun『フキ』料理三種 


まずは「キャラブキ」
キャラブキは漢字で伽羅蕗と書きます。フキの茎を醤油で煮しめた料理です。濃い茶色の事を伽羅色と呼び、出来上がりの料理が伽羅色なのでついたようです。伽羅とはかつて最も珍重された香木のひとつです。
①2009 05 30 こんなところにヤマブキ.JPG②2009 05 30 ヤマブキのキャラブキ.JPG簡単レシピです。
■材料■
ヤマブキ:2Kg
■調味料■
醤油:400cc
酒:100cc
砂糖:1カップ
みりん:100cc

■作り方■ 
【1】フキの葉を取り長いままよく洗い、5cm長さに切る。
【2】たっぷりの水で40分ほど茹でる。火を止めそのまま冷ます。(昨年は粉糠(コヌカ)を使いましたが今年は使いません)
【3】ざーっと水を切り大きめの鍋にフキと醤油、酒、砂糖の調味料の2/3をいれ、煮立ったら弱火にして時々返しながら煮る。味見をしながら残りの調味料を追加する。一度に味付けをするとコワくなり易い。汁気がなくなくなるまで煮込む。時間は1~2時間。出来上がる前につやだしのみりんを回しかける。


調味料の分量はこれといった決りはありません。
辛いのが好きなら砂糖は加えなくてもよいです。
毎年レシピ違いますがこれが各ご家庭の味になるでしょう。

キャラブキは熱いご飯によし、日本酒、ビールにも合います。
一度に食べ切れないときは(普通は保存食として多めに作ります)
熱いうちに清潔な容器に入れ冷めてから冷蔵庫に保管しましょう。


「ヤマブキの炒め煮」=「ヤマブキのキンピラ」
キンピラとは千切りにした材料を植物性油で炒め、砂糖・醤油煮て、唐辛子で辛味をつけた料理とのこと。
■材料■
ヤマブキ:1Kg
■調味料■
サラダ油:大さじ2
 醤油:100cc
本ダシ:顆粒大さじ2
 唐辛子:適宜

■作り方■ 
【1】フキの葉を取り長いままよく洗い、5cm長さに切る。
【2】たっぷりの水で40分ほど茹で冷めるまでおき灰汁を抜く。
【3】鍋にサラダ油大さじ2をいれ、フキを入れ炒める。
【4】ほぼ炒まったなら本ダシ顆粒と醤油を入れる。
【5】最後に唐辛子をいれ味見する。

フキは油との相性がよいようです。
どうしてなのかこのフキのキンピラは常温では足がはやい(傷む、悪くなる)早めにいただきましょう。
「トウブキのキンピラ」も同じです。しかしこちらは皮をむきます。


「アカフキの甘露煮」
⑥2009 05 30 アカフキの甘露煮下茹で-0.JPG⑦2009 05 30 アカフキの甘露煮下茹で水きり.jpg⑧2009 05 30 アカフキの油炒め.jpg







■材料■
アカフキ:1Kg
■調味料■
 醤油:200cc
  酒:90cc
みりん:大さじ1~2
 砂糖 :適宜
 唐辛子:適宜

■作り方■ 
【1】アカフキの葉を取り洗い3cmの長さに切る。
【2】たっぷりの水で40分ほど茹で冷めるまでおき灰汁を抜く。水を切る。
【3】鍋にサラダ油大さじ2をいれ、フキを入れ炒める。
【4】ほぼ炒まったなら本ダシ顆粒と醤油を入れる。
【5】最後に唐辛子をいれ味見する。

フキは油との相性がよいようです。
どうしてなのかこのフキのキンピラは常温では足がはやい(傷む、悪くなる)早めにいただきましょう。
「トウブキのキンピラ」も同じです。しかしこちらは灰汁だしをして皮をむきます。
新フキ三種の

「ヤマブキの砂糖菓子」
④2009 05 30ヤマブキの砂糖菓子-0.JPG⑤2009 05 30 ヤマブキの砂糖菓子.jpg■材料■
  蕗:ヤマブキ300g
■調味料■  
砂糖 :適宜
みりん:大さじ1~2
 塩:少々
 
■作り方■
【1】ヤマブキをきれいに洗い皮をむき3cmくらいの長さに切る。
【2】みりん、塩、砂糖をフキの上にかけ中火にかける。砂糖が溶けるのとフキの中から汁が出てくる。フキがひたひたに浸る程度まで砂糖を加える。
【3】時々かき混ぜながら煮詰めていく。
【4】蕗に煮汁が馴染んできたら火を止め、広めの容器に広げ、粗熱をとる。
【5】粗熱が取れたなら砂糖皿の中に入れ砂糖と絡ませる。
今回【4】【5】を省いてしまいまして焦がしてしまいました。


今回ヤマブキをお友達のお宅に回しました。
そのお友達のフキ料理も載せます。
実は皆さんのフキ料理を拝味(はいみ)しまいた。
大変美味しゅうごがいました。
写真だけではもったいないございます。
⑨キャラブキ(のれん).JPGまずはHeart家の「キャラブキ」です。
透きとっていて柔らかく菓子のようです。







ふき2種.JPG続いてさくらクッキー家、さくらぱぱのふき料理2種のレシピと画像です。*ふきの油炒め*
・ゆがいて皮をむき 一口大にカットし またゆがく。
・ごま油サラダ油で軽く炒める。
・日本酒、砂糖、濃い口醤油、だし多め を少し汁が残る程度まで煮詰める。
 火を止めてから、暫らくして混ぜるとふきが残った汁を吸ってくれる。
 種無しのたかの爪を入れたり うすあげを煮るときに入れたりして アレンジする。

*きゃらぶき*

・切ってからゆでこぼしまた煮る。
・日本酒、砂糖多め、みりん、薄口醤  油、だし少々を入れ水分が無くなるまで煮詰める。
 






>by px3

| 料理 | 17:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『日光旅行』2009 06 02

Top満願寺仁王像.jpg
①満願寺-1.JPG②満願寺奥之院拝殿.JPG
写経の会のお仲間と日光に出かけてきました。
高速上信越-関越-50号線-東北道-宇都宮ICから日光宇都宮道路で日光東照宮へ。
途中栃木市の兄弟寺、満願寺を参拝、奥の院拝殿まで見学。大きなお寺でした。
そこで精進料理をいただきました。

③東照宮入口.JPG④東照宮陽明門.JPG⑤東照宮眠り猫.JPG







⑥東照宮三猿.JPG⑦東照宮廻廊.JPGその後日光東照宮へ。東照宮は陽明門、眠り猫、三猿、など多くの国宝の建物など見学。
日光東照宮は以前行ったのは35年も前のこと、なかなか思い出せません。
あらためて素晴らしさに驚きました。



⑧富弘美術館.JPG帰り道富弘美術館まで足を延ばしました。

| 日記 | 17:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。