| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青しそジュースの作り方 WakaBlog

Top2018 06 15 しそジュース

次兄家族が美味しいとリクエストしてきたので
長期保存用の青しそジュースの作り方。

青じそがいっぱいあればクエン酸で長期保存ができるしそジュース!
青しそならではの栄養価と強い香りが魅力!

○材料 青しそジュース6ℓ弱分()内はしそ100gにつき

青しそ 1.0Kg (100g)
水 5ℓ (500cc)
国産クエン酸 60g (6g)
白砂糖 2.5Kg (250g)
しそジュース作り-1
しそジュース作り-2
しそジュース作り-3

1.しその葉は流水で洗い汚れを落とし水気を落とす。
(絞らないで)
2.鍋に水を入れ火にかけ沸騰させる。
3.しそを全部入れ、10分煮て火を止める。
4.他の鍋の上にザル、ガーゼを置き、湯切りしヘラ等でしそを押さえて漉す。
5.4の中に砂糖を入れ鍋に火をかけ軽く混ぜて溶かす。
6.砂糖が溶けたらクエン酸を加えます。ワイン色に変わります。
7.沸騰したら火を止め冷めるのを待って煮沸消毒した耐熱容器に入れ冷まします。
8.取り出しやすい器や瓶等に移して冷蔵庫で保存する。

○コツ・ポイント
かなり濃縮なので水で3〜5倍に薄めていただく。
体にいいものなので、国産のクエン酸をおすすめします。
国産のクエン酸は酸味がきついので控えめにしています。

○このレシピの生い立ち
庭にいっぱい育ったので摘んだ紫蘇で作ました( ^ ^ )
スポンサーサイト

| 料理 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマブキの料理 2018 05 29 WakaBlog

2018 05 31 フキ料理

主人がヤマブキを収穫してきました。
毎年フキ料理は作っているのですが検索してフキ料理を作ってみました。

「ヤマブキの炒め煮」=「ヤマブキのキンピラ」
キンピラとは千切りにした材料を植物性油で炒め、醤油煮て、唐辛子で辛味をつけた料理とのこと。

「ヤマブキのキンピラ」レシピ。
ヤマブキのキンピラ

■材料■
ヤマブキ:1.6Kg
■調味料■()内は1Kgにつき
サラダ油:(大さじ2)大さじ3.2
醤油:(100cc)160cc
本ダシ:(顆粒大さじ2)大さじ3.2
唐辛子:(適宜)

■作り方■ 
【1】フキの葉を取り長いまま皮を剥き、5cm長さに切る。
【2】たっぷりの水で60分ほど漬ける。
【3】水を入れ替え塩を一掴み入れ茹でる。冷めるまでおき灰汁を抜き水を切る。
【4】鍋にサラダ油大さじ3.2をいれ、フキを入れ炒める。
【5】ほぼ炒まったなら本ダシ顆粒と醤油を入れる。
【6】最後に唐辛子をいれ味見する。

フキは油との相性がよいようです。
フキのキンピラは常温では足がはやい(傷む、悪くなる)早めにいただきましょう。


「キャラブキ」2018 05 29
キャラブキ作り


キャラブキは漢字で伽羅蕗と書きます。
フキの茎を醤油で煮しめた料理です。
濃い茶色の事を伽羅色と呼び、出来上がりの料理が伽羅色なのでついたようです。
伽羅とはかつて最も珍重された香木のひとつです。
伽羅色と云うよりコーヒー色(^_^;)
レシピです。
■材料■
ヤマブキ:2.4Kg
■調味料■()内は1Kgにつき
醤油:(200cc)480cc
酒:(50cc) 120cc
砂糖:(100g) 240g
みりん:(100cc)240cc
昆布 : 10g
合計 : 1080g。使った調味料880g(81.5%)

■作り方■
【1】フキの葉を取り長いまま亀のこタワシでよく洗い、5cm長さに切る。
【2】たっぷりの水で60分ほど漬ける。
【3】水を入れ替え塩を一握り入れ茹でる(七輪で豆炭4時間)。
【4】冷めるまでおき翌朝清水で洗う。
【5】水を切り大きめの鍋にフキと醤油、酒、砂糖、みりん、昆布の調味料、70%をいれ、
(今回は七輪で) 煮立ったら弱火にして時々返しながら煮る。
味見をしながら残りの調味料(100g)を追加する。
汁気がなくなくなるまで煮込む。時間は3.5時間。

調味料の分量はこれといった決りはありません。
辛いのが好きなら砂糖は加えなくてもよいです。
毎年レシピ違いますが各ご家庭の味になるでしょう。

≫ Read More

| 料理 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆鯉の甘煮☆ 2018 03 25

Top2018 03 25 鯉の甘煮
長姉親子が見舞いにいらした。
好きな郷土料理、佐久鯉の甘露煮を作ってみた。
鯉の甘煮

○材料

☆佐久鯉 6切れ 1.5Kg
☆砂糖 150g
☆醤油 130cc
☆みりん 70cc
☆水 100cc
☆酒 300cc
☆生姜 適量
☆花山椒 適量

○作り方

1.鍋に砂糖、しょうゆ、酒を入れ、軽く煮立てる。
2.鯉屋さんで輪切りした鯉を並べて落し蓋をする。
煮崩れを防ぐため、重ねない。
3.生姜の薄切り花山椒を加える。臭みをがなくなります。
4.中火で煮立てる。煮汁が落し蓋にはみ出るくらいの火加減で調節する。
30分程度煮る。
5.一旦火を止め味をなじませる。
味見しながら調味料を調節再び中火で30分ほど煮る。
6.みりんを入れ照りが出るまで煮詰めて完成。

○コツ・ポイント
崩れやすいため、盛りつけの際は気を付けて。
じっくり煮詰めることで旨みが増す。
お好みに合わせて味付けは調節する。
完成後一切れずつジブロック冷凍保存。


長兄、元気で退院まじか。
姉兄弟妹4人揃った-0

| 料理 | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018 03 01 地粉で手打ちうどん-2


①長野県産地粉

昨日の北の孫の所望で手打ちうどん試作が失敗した。
最後の追加水大さじ1杯のが多かったか(^_^;)
そこでリベンジ手打ちうどん

レシピ・作り方

2018 03 01
○材 料(5人分)
小麦粉: (信州産地粉) 500g
塩 : 15g(3%)
水 : 200cc(40%)
うち粉片栗粉 :52g
完成したうどん:752g/≒150g

○作り方
手打ちうどん-1

01.小麦粉はふるいにかけ大きいボールに入れる。
02.所定の塩と水を混ぜた温塩水を少しずつ加え混ぜる。
菜箸を使ってみました。
03.なかなか纏まり難いが根気よく捏ねました。
04.丸く纏まったらビニール袋に入れて足で踏み時々下りては
重ね直す。(孫の足借用)
05.強く握り固まることを確かめて鏡餅風に作る。
手打ちうどん-2

06.塩水と小麦粉がなじみ伸びがよくなるまで(σ(^o^;)はコタツ)1~2時間おく。
07.のし板の上で手のひらで円形に平に伸ばす。
08.時々うち粉をふりかけ麺棒で押して伸ばします。
麺棒に巻きつけ縦横入れ替えて伸ばし厚さ3㎜ぐらいまで伸ばす。
09.出来れば角だししたい。
手打ちうどん-3

10.切りやすい幅にたたみ、好みの幅で駒板を使って切る。
11.今回はうどん幅5~6㎜です。うち粉が少ないとくっついてしまう。
手打ちうどん-4

12.出来上がり!ふわりほぐしながら、トレイに並べる。
13.タップリとした湯で6~10分ほど茹でて清水で水洗い。完成
出汁は昆布と鰹節の合わせだし適度の食感と喉越し最高とお褒めいただきました。

≫ Read More

| 料理 | 11:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018 02 28 地粉で手打ちうどん

Top2018 02 28 湯で6分ほど茹でて清水で水洗い
レシピ・作り方
2018 02 28 鏡出ししたうどん
2018 02 28 角出ししたうどん
2018 02 28 駒板を使って切ったうどん
2018 02 28 手打ち天婦羅うどん

○材 料(2人分)
小麦粉(地粉) 200g
塩 6g(3%)
水 80cc(40%)
うち粉用小麦粉or片栗粉 大さじ1

○作り方

01.小麦粉はふるいにかけ大きいボールに入れる。
粉ふるいまたザルなどで上からボールに落としてもよい。
02.塩と水を混ぜた塩水を少しずつ加え混ぜる。
03.なかなか纏まり難いが根気よく捏ねました。
04.強く握り固まることを確かめて鏡餅風に作る。
05.丸く纏まったらビニール袋に入れて足で踏み時々下りては
踏み重ねる。
06.塩水と小麦粉がなじみ伸びがよくなるまで、1~2時間おく。
07.のし板の上で手のひらで円形に平に伸ばす。
08.時々うち粉をふりかけ麺棒で伸ばしていく。
麺棒に巻きつけ縦横入れ替えて伸ばし厚さ3㎜ぐらいまで伸ばす。
09.出来れば角だししたい。
10.切りやすい幅にたたみ、好みの幅で駒板を使って切る。
11.今回はうどん幅5~6㎜です。うち粉が少ないとくっついてしまう。
12.出来上がり!ふわりほぐしながら、まな板に並べる。
13.タップリとした湯で6分ほど茹でて清水で水洗い。
14.天婦羅うどんにしました。

| 料理 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT